最高の一杯をお客さまに召し上がっていただくために素材を吟味し、全て手作業で焙煎しています。

coffee-dor-1.jpg1.まず人数分の豆を中挽き(やや細かめ)にして入れる。受けるポットはお湯で暖めておいてください。
coffee-dor-2.jpg2.沸騰後やや冷ました85℃くらいのお湯で粉全体が浸るくらいのお湯を入れます。
coffee-dor-3.jpg3.約30秒間蒸らします。
coffee-dor-4.jpg4.ペーパーに直接お湯がかからないように、出来るだけ細く糸を引くように粉の中心から「の」の字を書くように全体に注湯していきます。
coffee-dor-5.jpg5.ドリッパーのお湯が落ち切る前に3.と同様に注湯していきます。これを繰り返します。
coffee-dor-6.jpg6.人数分の量が出来上がれば、たとえドリッパーに珈琲が残っていても抽出を終えます。

最後にポットを回して出来上がった珈琲をかきまぜてから、カップに注ぎます。(もちろんカップもあらかじめお湯を入れて暖めておいてください。)
注意
【1】90℃以上のお湯では苦味が強くなり甘みは消えてしまいます。
【2】蒸らしと第一注湯で味は決まります(念入りに)
【3】ドリッパーから珈琲を落としきってしまいますと雑味が出ます
【4】冷めて温め直しの時は沸騰させない。(電子レンジがベスト)




coffee-dor-200.jpg



紀州備長炭手網焙煎珈琲の特徴

1.熱源は本物の紀州備長炭です
2.機械式のロースターを使わず手網焙煎です。
3.1回に生豆250gを焙煎し、仕上がりが200g程度になります。
4.ご注文を頂いてから焙煎を行います。

手網焙煎とは読んで字のごとく、人間の手で焙煎用の網を使って豆を煎り上げることです。

baisen-douga.jpg